CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
文房具を楽しく使う 〈ノート・手帳編〉
文房具を楽しく使う 〈ノート・手帳編〉 (JUGEMレビュー »)

素敵な文具を扱うお店“信頼文具舗”店長和田さんの本です。
RECOMMEND
RECOMMEND
光の風景 ココロとコラボ―post card collection
光の風景 ココロとコラボ―post card collection (JUGEMレビュー »)
kose
素敵な写真が満載!遂に発売開始しました。
見ているだけで心和む一冊ですよ
RECOMMEND
チェコへ行こう! 絵本と雑貨とちいさな街めぐり
チェコへ行こう! 絵本と雑貨とちいさな街めぐり (JUGEMレビュー »)
すげさわ かよ
この本のおかげで、文具の店 コヒノール へ辿り着きました。
MOBILE
qrcode
<< ドイツ・スイス・フランス  ドイツロマンチック街道編 | main | ドイツ・スイス・フランス  アルプス編 >>
ドイツ・スイス・フランス  ドイツロマンチック街道編
ロマンチック街道 ノイシュバンシュタイン城

3月14日金曜日、時差のせいもあり明け方に目が覚めます。
ぼーっとしてるとBGMのように鳥の声が聴こえています。窓の外から聴こえているのですが、CDでも流してるのか?と思うほど沢山の鳥の声が部屋に届いてました。天気はどうかと期待しましたが・・・雨模様。
朝食を済ませ、バスで15分程走ると城へ向かうバス乗り場に到着です。
バスが満員で乗れない場合は歩いて登らなければなりません。
雨模様で坂道を登るのは結構辛い・・・。
早く到着した事もあり、バスに乗ってマリエン橋まで行く事が出来ました。
雪が深い時期は橋まで行けないそうですが、今回は雪もなく橋からの眺めを堪能出来て大満足!ここから城まで徒歩で10分程。
いよいよノイシュバンシュタイン城へ到着です。

ルードヴィッヒ2世の夢の城。美しい外観と内部の細かな細工や美しい調度品等、政治から遠ざかり芸術を愛した人柄がわかるような気がしました。
ルードヴィッヒ2世がたった100日程しか過ごさなかったという未完成の城ですが、美しい姿を一目見ようと、この日も観光客で賑わっていました。
この城は正面からの写真をよく見るので、何処から撮れるんですか?と質問すると「空撮です」と言われました。残念ですが、空撮はチョット無理。
城から昼食場所まで歩いて下りるつもりでしたが、タイミングよく馬車のおじさんに声を掛けられ、そのまま馬車で下りることになりました。
歩く早さと変らない馬車ですが、雨の中歩くよりはずーっと楽です(^^)
余裕で昼食場所へ到着しました。
馬車代は一人2.5ユーロ420円ほどです。
本日の観光は終了。バスでオーストリアを経由しスイスへと向かいます。
| | 13:19 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする