CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
文房具を楽しく使う 〈ノート・手帳編〉
文房具を楽しく使う 〈ノート・手帳編〉 (JUGEMレビュー »)

素敵な文具を扱うお店“信頼文具舗”店長和田さんの本です。
RECOMMEND
RECOMMEND
光の風景 ココロとコラボ―post card collection
光の風景 ココロとコラボ―post card collection (JUGEMレビュー »)
kose
素敵な写真が満載!遂に発売開始しました。
見ているだけで心和む一冊ですよ
RECOMMEND
チェコへ行こう! 絵本と雑貨とちいさな街めぐり
チェコへ行こう! 絵本と雑貨とちいさな街めぐり (JUGEMレビュー »)
すげさわ かよ
この本のおかげで、文具の店 コヒノール へ辿り着きました。
MOBILE
qrcode
京都西本願寺 国宝 唐門 

西本願寺、唐門「日暮の門」34年振りに開くという事で行ってきました。

最初の目的は相国寺承天閣美術館の若冲展に行く予定でしたが

一般の門の通り抜けが13時迄という情報を聞き、11時30分頃に西本願寺に到着。

浄土真宗の総本山とうだけあり、大きすぎる敷地に国宝や重要文化財が点在。

そして多すぎるくらいの参拝の人の数、敷地内には仮設のおおきなテントがあり、カフェと土産物屋が入ってました。

帰ってから調べると、期間限定「本願寺おてらかふぇ & まるしぇ AKARI」5月31日迄だそうです。

目的の唐門の場所を地図で確認し向かいました。

門の前は大勢の人が見え、どうせなら外から門を見ようと一旦外へでて門へ近づくと通り抜けするには行列に並ばなければならないようで、写真だけ撮って帰ろうと思いましたが、同行した母が並ぶと言い出し歩き出したので、一緒に並ぶことになりました。

30度の暑さの中、約15分〜20分・・・また門の前に戻ってきました。

さすが国宝、美しい彫刻と色彩です。

 

来年6月から修復を前に、宗祖・親鸞の生誕日に合わせ34年振りに1日限定で門が開いたそうですが、修復後はさぞや輝かしい絢爛豪華な色彩で蘇るのだろうと、安易に想像がつくほど現在も見事な門です。

見ていると日が暮れるのも忘れるほど美しい。そう言われる事から「日暮の門」と呼ばれていた事も納得です。

34年前は親鸞の儀式で開けられたそうですが、装飾を傷つけない為に閉められていたという事です。

修復工事は来年6月から2022年3月の予定で行われるようです。

数多くの国宝や文化財がある西本願寺、今度はゆっくりと見学しに行こうと思います。

| 国宝 | 13:40 | - | - | pookmark |
小田原山 浄瑠璃寺
京都府相楽郡加茂町 〜浄瑠璃寺

九体寺という別名を持つ浄瑠璃寺。
国宝の本堂・三重塔・木造阿弥陀如来坐像9体・木造四天王立像があり、
東に三重塔、池を挟んで西に本堂があります。三重塔には建立当初の本尊‘木造薬師如来坐像’がおられます。

朝9時過ぎ、浄瑠璃寺に到着。300円を支払い本堂へと向かいました。
贅沢にも、国宝の本堂と9体の阿弥陀如来を独り占めです。
中央の阿弥陀如来さまの前に座り、お顔を拝見。よいお顔をされてました。
本来は、一般の人が入る事を想定して建てらてたものではないので、とても狭いんです。なので、真近で阿弥陀如来さまを見る事ができます。
私の後に、団体が到着。仕方なく本堂を出ようと思った時、寺の方に「今から住職のお話があるので、ご一緒にどうぞ」と。なんとラッキー!普通はなかなか聞けるものではないので、団体客と一緒にお話を聴かせて頂きました。

帰り際、参道にあるお店あ志び乃店に立ち寄り、梅ジュースを頂きました。大きな梅が入っていて、美味しかったです。
外の暑さもしばし忘れる事が出来ました。

この周辺は石仏めぐりでも有名で、お寺もいくつかあります。石仏やお寺を歩いて廻る方も大勢いらっしゃいます。そんな人を目当てかどうか、道路脇おじさん、おばさんが野菜やかき餅等を売っています。無人の野菜販売もあります。
私も無人販売で一袋百円の野菜を3つ買いました。

気温は36度、バイクのシートも熱い・・・。
暑くても、バイクで走るとスカッとするんです。不思議ですね。



| 国宝 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |