CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
文房具を楽しく使う 〈ノート・手帳編〉
文房具を楽しく使う 〈ノート・手帳編〉 (JUGEMレビュー »)

素敵な文具を扱うお店“信頼文具舗”店長和田さんの本です。
RECOMMEND
RECOMMEND
光の風景 ココロとコラボ―post card collection
光の風景 ココロとコラボ―post card collection (JUGEMレビュー »)
kose
素敵な写真が満載!遂に発売開始しました。
見ているだけで心和む一冊ですよ
RECOMMEND
チェコへ行こう! 絵本と雑貨とちいさな街めぐり
チェコへ行こう! 絵本と雑貨とちいさな街めぐり (JUGEMレビュー »)
すげさわ かよ
この本のおかげで、文具の店 コヒノール へ辿り着きました。
MOBILE
qrcode
根本山 神峯山寺 新西国第14番

高槻の山奥を走っていると、次のお寺に到着です。

神峯山寺(かぶさんじ)と読むそうですが、このお寺が

新西国に入っている事に気が付いたのは帰宅後でした・・・

緑鮮やかで、とても気持ちが良く、紅葉の時期はとても綺麗だと思います。

護摩祈祷をされていて、偶然見る事が出来ました。

暑い中大変な祈祷にすこし圧倒されました。

本堂への階段を上がり、お参りを済ませ、山門まで写真を撮りながら戻りました。

下りてすぐ右手に本坊という建物があり、御朱印と書いてあったのですが

新西国という文字がひとつもみつけられず、気づかずに帰りました。

また、紅葉の綺麗な時期に改めて伺い、御朱印を頂きたいと思います。

 

 

| ツーリング | 14:56 | - | - | pookmark |
磐手杜神社

偶然見つけて立寄った岩手杜神社

こんな所に立派な神社があるなと入ってみました。

大鳥居にはまだ新しい注連縄。

両脇には石灯籠があり、鹿の彫り物がありました。

鹿の裏にはなにかわからなない彫り物があったんですが

後で調べてみると、春日灯篭という種類の物で

鹿と三笠山を彫るのが一般的だそうです。

後鳥羽上皇が訪れた事もあるそうです。

平成9年12月に、根尾の淡墨の桜が後鳥羽上皇行幸800年記念として

贈られていました。

 

安満山の南西麓にある事から元は安満神社。

その後、春日神社となり、現在の磐手杜神社になったそうです。

 

| ツーリング | 12:08 | - | - | pookmark |
柳谷観音 立願山楊谷寺 新西国第17番

眼の観音様、柳谷観音へ行ってきました。

高槻の山の奥、京都西山三山のひとつにも数えられ

新西国の札所でもあります。

ご本尊は十一面千手眼観音菩薩 毎月17日にご開帳されるそうです。

お参りを済ませ、納経所へ行ってみると数種類の御朱印の見本がありました。

そちらで独鈷水は飲まれましたか?と聞かれたので

せっかくなのですぐ裏手の独鈷水へ行きました。

弘法大師が祈祷したと言われる霊水、飲んで、眼にも水を数滴。

きっとご利益がある事と思います!

御朱印ブームに乗っかるわけではありませんが

西国33か所もまだ途中ですが、

新西国も御朱印長を購入し御朱印を頂きました。

| ツーリング | 10:45 | - | - | pookmark |
日生へ!馴らしツーリング

新しいスクーターが納車され約1週間

初ツーリングへ出かけました。

阪神高速から第二神明→加古川バイバス→国道2号を通り岡山県日生へ。

天気も良く、少し涼しいくらいでしたが、快適走行でした。

昼食まで時間があったので、港の見える丘公園へ行きました。

かなりの坂道で最後は砂利道。歩いて上がる人が居ましたが、かなり大変だと思いました。

その名の通り港も見えます、それ以外も想像していた以上の景色に感動しました。何度か日生へは行ってますが、この公園は初めてでした。

 小豆島へ渡るフェリー乗り場

車で上るのは道幅狭く難しいですし、大型バイクもちょっと大変。

スクーターくらいが丁度いいような気がします。

昼食を済ませて、次は鹿居島から頭島へ。

日生と鹿居島を結ぶ橋が2015年に、鹿居島と頭島を結ぶ橋は2004年に出来たそうです。

頭島は小さい島ですが、日生諸島では人口が一番多いそうで、民宿等も数件ありました。

鹿居島は大きい島ですが、海へと続く斜面には別荘地のような一角があり、直線に伸びる坂の両側に家が建っていました。

島の名前にもありますが、鹿が多い島だそうです。

来月から鱧が美味しい季節になります。その時期にまた来てみたいと思います。

| ツーリング | 21:00 | - | - | pookmark |
北条鉄道 法華口駅

最近ボランティア駅長さんで話題の法華口駅

近くまで行ったので寄り道してみました。

駅へ続く細い道に入ると車が沢山、小さい駅にどんだけ車おんねん!!!

関西弁で思わずツッコミです。

駅舎の中にはパン屋さんがあります。焼き立てパンを買いに来る人、

電車を撮りに来てパンを買う人・・・

小さいですがイートインスペースもあり、別のテーブルにはプラレールがくるくる。パンを横目にホームへ向かいました。

まるでアニメにでも出てきそうなホームにちょっと感激。

1直線に伸びた線路と緑豊かな法華口駅のプラットホーム。

パンの事はすっかり忘れて写真を撮りました。

電車の時刻と合わなかったので、ボランティア駅長さんにお会いする事は出来ませんでしたが

もしかしたら、パンを作ってらっしゃったかもしれません。

次はパンも買ってみようと思います(^.^)

 

食べログ 駅舎工房 モン・ファボリ

 

 

| ツーリング | 14:19 | - | - | pookmark |
松尾寺 西国三十三ケ所 第29番札所
JUGEMテーマ:日記・一般
春を探しに舞鶴にある松尾寺へ行ってきました。
春の嵐もあり、街中では桜もすっかり寂しい感じになっていますが、まだまだ春は終わってませんでした!
大山崎から京都縦貫道経由で綾部まで。そこから松尾寺へと国道を走ります。
京都縦貫は見晴らしも良く、山桜や山ツツジ、田舎道の桜並木等も良く見えて超快適です。
途中、道の駅 京丹波 味夢の里(新しく出来たようです)へ立ち寄り、
ちょっと休憩。道の駅という事もあり、地元で採れた野菜も売ってました。
綾部で一般道へ入り、快適に舞鶴市へ。市内へ入ってからのほうが道がくねくねしてた印象ですが
山の中腹にある松尾寺へ無事到着しました。


思っていたよりも趣があり、山寺の良い雰囲気が一杯。
桜もちらちらと舞って、とても綺麗でした。

本堂へお参りを済ませ、御朱印所へと急ぎました。並ぶのは嫌なので。
運よく誰も居なかったので、すぐに御朱印を頂けてラッキーでした。
そのあとはゆっくり桜や梅の写真をパチパチ。春満開の松尾寺でした。


さて、次のお楽しみは昼食!!
舞鶴とれとれ市場へ向かいながら、美味しそうなお店を探します。
亀寿司という寿司屋さんを通り過ぎ、良さそうなので入ってみる事に。
駐車場もそこそこ車が入っていて、期待出来そうな雰囲気です。
三千円の定食を頼みました。刺身に小鉢に天ぷら・・・
美味しく頂いておりました。
次に来た地元のお客さんがお任せ五千円をオーダー!
え、予約なしでも出来るの?思わず声に出して父が言います。
店主が、今からでも出来ますよ!と笑顔です。
迷わず五千円に変更し、鯛の煮付や太刀魚の塩焼き等、どんどん料理が出てきます。おまけに毛ガニのボイルまで。
最後は握り寿司をしっかり1人前。大変満足!満腹!の舞鶴の昼食でした。
このまま帰るとおもいきや、とれとれ市場で美味しい土海老があるかもしれない。
それを食べずには帰れない!満腹のお腹でとれとれ市場へ。
地元でしか消費しない土海老、ありました。一盛千円。食べました(^.^)
目的を全て果たし、あとは安全運転で帰路につきました。
| ツーリング | 18:02 | - | - | pookmark |
雪の大山!鍵掛峠とブナ林の紅葉
大山に初雪が降り紅葉も見頃という事で走ってきました。

さすがに冬装備での出動でも朝の高速は寒かった・・・。
中国道の落合JCTから米子道へ、大山まではあと少し。
蒜山を過ぎると、雄大な姿がドーンと。秋晴れに美しい大山の姿を見ながらテンションも上がります。
溝口ICを下りて、いよいよ大山です。
大山外周道路に入るとブナの林の紅葉がまた見事、鍵掛峠へと続く道は予想外の渋滞でした。

鍵掛峠らしき駐車場へと進む車、出る車、通りすぎる車・・・狭い道はかなり混雑。
小さな駐車場もカメラマンに観光客、車もバイクも一杯でした。



雪と紅葉の写真を撮るためにやってきた私も、それなりの場所で撮影開始。
15分程でしたが、見事な景色に大満足!
そのあと来た道を引き返し、レストラン目当てで大山まきばみるくの里へ。
ここは大山だけでなく、美しい弓ヶ浜も一望でき、弓ヶ浜を見渡す広場も大勢の人で賑わっていました。中に入るとレストランは満席、順番待ちの人でかなりの混雑。
ここでの昼食は諦め、美味しいソフトクリームで小腹を満たして大山寺へと向かいます。参道には土産物に食事処、観光地の楽しい雰囲気満載です。かなり満席の店も多く、一軒の小さな蕎麦屋に入りました。
店の中央にはストーブ、さすがに寒い場所という実感が湧きました。
そこで食べたきのこ蕎麦はかなり美味しくて大満足!



紅葉も雪の大山も弓ヶ浜の絶景も堪能し、気になるのは帰りの渋滞・・・
大山に見送られ高速へ。土産を買うために蒜山SAへ。この時点で宝塚4キロ、
いつもより早い渋滞に嫌な予感。
加西SAでも休憩し、結局事故と工事と交通集中が重なり、17キロの渋滞に突入することになりましたが無事に帰ることが出来ました。
| ツーリング | 14:22 | - | - | pookmark |
瀬戸大橋と下津井

ツーリングには最高の季節、山陽道をどんどん走り岡山県へ入りました。
さて、どこまで行くのかと父のサインを気にしつつ走っていると
瀬戸大橋という文字が!
やった!思わずガッツポーズしたいのをグッとこらえて運転に集中です。
気持ちが良いんです、橋を渡るのは。
来るまで渡るよりずっとずっと気持がいいんです。
見晴らしもサイコーですし、キョロキョロしてしまい危険なんですが・・・
与島のSAで休憩です。
11時を過ぎていたので、昼食も取る事にしました。
鰆のたたきと蛸飯セットです。
たたきも蛸飯もとても美味しくて大満足です。
以前、このSAに隣接の瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフ
でヘリコプターに乗ったので、今も乗せてくれるのか行ってみると・・・
不景気で辞めてしまっていてとても残念
瀬戸大橋を上空から、とても贅沢で最高の景色を見る事が出来たんですがね。

お腹も満足になったので、橋を渡って四国へ行くか、少し戻って下津井へ行くかという事に
私は迷わず下津井を選択!鷲羽山へも行ってみたかったんです。
早速下津井へ向かいました。
北前舟の立ち寄る港だったそうで、とても賑わったそうです。
その頃の賑わいには及びませんが、観光客も立ち寄る小さな港町となっています。
美味しい鰆の刺身や蛸飯を食べさせてくれるお店もありました。
特に鰆の刺身は、地元でしか味わえないのでとても贅沢で大満足でした。
下津井を後にして鷲羽山へ、鷲羽山展望台からみる瀬戸大橋もまた見事!
帰りは大渋滞に巻き込まれ、大変でしたが 大満足の一日でした。

| ツーリング | 16:50 | - | - | pookmark |
国道157 越前勝山 越前大野〜岐阜薄墨桜

越前勝山は古い町並みの残る城下町、現在は恐竜の町として有名です。
最初に向かったのは越前大仏、とても立派な大仏殿や五重塔なんですが
あまりの寂しさに中には入りませんでした。
大阪の相互タクシー創業者が建立した物だそうですが、今は寂しい限りです。
実はこの方、越前勝山城という城も建造されてました。
姫路城によく似た立派な城で、中は博物館だそうです。

以前、JR福井駅で行列が出来ていた‘羽二重くるみ’のはや川というお店。
本店が勝山だった事を思い出したので探してみる事に・・・
店はあっさり見つかり、行列も無く、お目当ての‘羽二重くるみ’を買う事が出来ました。
パイ生地のような物で柔らかい生地を挟み、くるみの風味が効いてとても美味しいお菓子です。
勝山ではもう一か所、平泉寺(白山神社)へも行きました。
苔寺として有名らしく、見事な苔と大きな杉が迎えてくれました。

時間も無く、途中までしか行きませんでしたが、
次回は本堂へお参りしたいと思います。

その後、越前大野で美味しい蕎麦を頂き、
国道157号線で岐阜の薄墨桜を目指します。
最初は普通の峠道かと思いきや、三峡ルートというだけあり、ガードレールもカーブミラーも無い道でカーブの連続。
離合などとんでもないような道が延々と続きます。
バイクで良かった、と思う瞬間が沢山あり、凄い道やわ〜と思いながら走っていました。
綺麗な水が湧き出ている所や道から染み出ている所も沢山あり、滝のように流れている所があったので、バイクを降りて行ってみました。
冷たい水は飲めそうなくらい綺麗で、雪解けの頃には、この道はどうなるんやろう?と思うくらい水量が多くてキラキラしていました。
父に話しを聞くと、道に水が溢れ川のようになって、水は山側から崖下へと流れるので、流れを横切る形で走る事になるらしいんですが、まぁお前の腕では無理・・・ましてビックスクーターではすぐに流されて崖の下やと。
その父は昔、地元の人にやめた方が良いと言われたにも関わらず、この道を走り薄墨桜まで行ったそうです。その時、道が川になりずぶ濡れになって走ったけど、とても楽しかったそうです。
そんな国道157を二人で走れるのは、とても嬉しいなと思いつつ、ハンドルはしっかり握り走っていると、野生のサルに2度も遭遇!
親子連れか夫婦か兄弟か・・・仲良く慌てて消えて行きました。

岐阜県側に入ると、ガードレールやカーブミラーはあるのもの、相変わらずの険しさです。
三峡ルートと言われるだけの事はあるなと、関心しながら薄墨桜へ到着したのは夕方16時を過ぎていました。予定では3時頃到着だったんですが・・・
季節外れの薄墨公園には人も少なく、青々とした桜をゆっくり見ることが出来ました。
春は人が多すぎて、ゆっくり花見どころではないので。

薄墨桜は樹齢1500年を超えるエドヒガンの古木で、国の天然記念物に指定されています。
根尾の薄墨桜という名前が私にはピタッとくるんですが、現在は岐阜県本巣市となっています。以前は本巣軍根尾村という名前でした。
本当に楽しい三峡ルートでした、今度はもう少し腕を磨いてチャレンジいたいと思います。
羽二重くるみ 襪呂篝

| ツーリング | 11:04 | - | - | pookmark |
天橋立
久しぶりの日本海、天橋立!
舞鶴自動車道から京都縦貫自動車道で宮津天橋立ICへ。
便利になりましたね、10時30分には智恩寺前に到着です。

「三人寄れば文殊の知恵」でも有名な智恩寺。
文殊とは知恵を司る文殊菩薩のことを意味するそうで、
この寺の本尊像の文殊菩薩様は獅子に乗っってらっしゃるそうです。

ここで面白いと思ったのが、おみくじです。
普通のおみくじもあるんですが、扇子の形のおみくじがあり、
沢山ぶら下げてありました。

お参りを済ませて、回転橋を渡り松並木を散歩。
思っていたよりも観光客が多くてびっくりですが、
日本三景の一つですから当たり前なんでしょうね。

天気がこんなに悪いとは・・・残念

股のぞきで有名な笠松公園へは、ケーブルで上がりますが、そこまで汽船、
高速船、そして松並木を徒歩で・・・といろいろあります。
時間が早かったので、伊根まで走ろうかと思いましたが、
天気がイマイチで・・・
門前の土産物屋さんをうろうろとして、回転橋横の「松吟」さんで美味しい昼食を食べて大満足!
お腹一杯で楽しい気分のまま帰路に就きました。
高速の渋滞もなく、往復気持ちよく走ることが出来ました。
昼食・おやつ編はこちらへどうぞ→おいしい話
| ツーリング | 14:13 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/4PAGES | >>