CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
文房具を楽しく使う 〈ノート・手帳編〉
文房具を楽しく使う 〈ノート・手帳編〉 (JUGEMレビュー »)

素敵な文具を扱うお店“信頼文具舗”店長和田さんの本です。
RECOMMEND
RECOMMEND
光の風景 ココロとコラボ―post card collection
光の風景 ココロとコラボ―post card collection (JUGEMレビュー »)
kose
素敵な写真が満載!遂に発売開始しました。
見ているだけで心和む一冊ですよ
RECOMMEND
チェコへ行こう! 絵本と雑貨とちいさな街めぐり
チェコへ行こう! 絵本と雑貨とちいさな街めぐり (JUGEMレビュー »)
すげさわ かよ
この本のおかげで、文具の店 コヒノール へ辿り着きました。
MOBILE
qrcode
松尾寺 西国三十三ケ所 第29番札所
JUGEMテーマ:日記・一般
春を探しに舞鶴にある松尾寺へ行ってきました。
春の嵐もあり、街中では桜もすっかり寂しい感じになっていますが、まだまだ春は終わってませんでした!
大山崎から京都縦貫道経由で綾部まで。そこから松尾寺へと国道を走ります。
京都縦貫は見晴らしも良く、山桜や山ツツジ、田舎道の桜並木等も良く見えて超快適です。
途中、道の駅 京丹波 味夢の里(新しく出来たようです)へ立ち寄り、
ちょっと休憩。道の駅という事もあり、地元で採れた野菜も売ってました。
綾部で一般道へ入り、快適に舞鶴市へ。市内へ入ってからのほうが道がくねくねしてた印象ですが
山の中腹にある松尾寺へ無事到着しました。


思っていたよりも趣があり、山寺の良い雰囲気が一杯。
桜もちらちらと舞って、とても綺麗でした。

本堂へお参りを済ませ、御朱印所へと急ぎました。並ぶのは嫌なので。
運よく誰も居なかったので、すぐに御朱印を頂けてラッキーでした。
そのあとはゆっくり桜や梅の写真をパチパチ。春満開の松尾寺でした。


さて、次のお楽しみは昼食!!
舞鶴とれとれ市場へ向かいながら、美味しそうなお店を探します。
亀寿司という寿司屋さんを通り過ぎ、良さそうなので入ってみる事に。
駐車場もそこそこ車が入っていて、期待出来そうな雰囲気です。
三千円の定食を頼みました。刺身に小鉢に天ぷら・・・
美味しく頂いておりました。
次に来た地元のお客さんがお任せ五千円をオーダー!
え、予約なしでも出来るの?思わず声に出して父が言います。
店主が、今からでも出来ますよ!と笑顔です。
迷わず五千円に変更し、鯛の煮付や太刀魚の塩焼き等、どんどん料理が出てきます。おまけに毛ガニのボイルまで。
最後は握り寿司をしっかり1人前。大変満足!満腹!の舞鶴の昼食でした。
このまま帰るとおもいきや、とれとれ市場で美味しい土海老があるかもしれない。
それを食べずには帰れない!満腹のお腹でとれとれ市場へ。
地元でしか消費しない土海老、ありました。一盛千円。食べました(^.^)
目的を全て果たし、あとは安全運転で帰路につきました。
| ツーリング | 18:02 | - | - | pookmark |
雪の大山!鍵掛峠とブナ林の紅葉
大山に初雪が降り紅葉も見頃という事で走ってきました。

さすがに冬装備での出動でも朝の高速は寒かった・・・。
中国道の落合JCTから米子道へ、大山まではあと少し。
蒜山を過ぎると、雄大な姿がドーンと。秋晴れに美しい大山の姿を見ながらテンションも上がります。
溝口ICを下りて、いよいよ大山です。
大山外周道路に入るとブナの林の紅葉がまた見事、鍵掛峠へと続く道は予想外の渋滞でした。

鍵掛峠らしき駐車場へと進む車、出る車、通りすぎる車・・・狭い道はかなり混雑。
小さな駐車場もカメラマンに観光客、車もバイクも一杯でした。



雪と紅葉の写真を撮るためにやってきた私も、それなりの場所で撮影開始。
15分程でしたが、見事な景色に大満足!
そのあと来た道を引き返し、レストラン目当てで大山まきばみるくの里へ。
ここは大山だけでなく、美しい弓ヶ浜も一望でき、弓ヶ浜を見渡す広場も大勢の人で賑わっていました。中に入るとレストランは満席、順番待ちの人でかなりの混雑。
ここでの昼食は諦め、美味しいソフトクリームで小腹を満たして大山寺へと向かいます。参道には土産物に食事処、観光地の楽しい雰囲気満載です。かなり満席の店も多く、一軒の小さな蕎麦屋に入りました。
店の中央にはストーブ、さすがに寒い場所という実感が湧きました。
そこで食べたきのこ蕎麦はかなり美味しくて大満足!



紅葉も雪の大山も弓ヶ浜の絶景も堪能し、気になるのは帰りの渋滞・・・
大山に見送られ高速へ。土産を買うために蒜山SAへ。この時点で宝塚4キロ、
いつもより早い渋滞に嫌な予感。
加西SAでも休憩し、結局事故と工事と交通集中が重なり、17キロの渋滞に突入することになりましたが無事に帰ることが出来ました。
| ツーリング | 14:22 | - | - | pookmark |
瀬戸大橋と下津井

ツーリングには最高の季節、山陽道をどんどん走り岡山県へ入りました。
さて、どこまで行くのかと父のサインを気にしつつ走っていると
瀬戸大橋という文字が!
やった!思わずガッツポーズしたいのをグッとこらえて運転に集中です。
気持ちが良いんです、橋を渡るのは。
来るまで渡るよりずっとずっと気持がいいんです。
見晴らしもサイコーですし、キョロキョロしてしまい危険なんですが・・・
与島のSAで休憩です。
11時を過ぎていたので、昼食も取る事にしました。
鰆のたたきと蛸飯セットです。
たたきも蛸飯もとても美味しくて大満足です。
以前、このSAに隣接の瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフ
でヘリコプターに乗ったので、今も乗せてくれるのか行ってみると・・・
不景気で辞めてしまっていてとても残念
瀬戸大橋を上空から、とても贅沢で最高の景色を見る事が出来たんですがね。

お腹も満足になったので、橋を渡って四国へ行くか、少し戻って下津井へ行くかという事に
私は迷わず下津井を選択!鷲羽山へも行ってみたかったんです。
早速下津井へ向かいました。
北前舟の立ち寄る港だったそうで、とても賑わったそうです。
その頃の賑わいには及びませんが、観光客も立ち寄る小さな港町となっています。
美味しい鰆の刺身や蛸飯を食べさせてくれるお店もありました。
特に鰆の刺身は、地元でしか味わえないのでとても贅沢で大満足でした。
下津井を後にして鷲羽山へ、鷲羽山展望台からみる瀬戸大橋もまた見事!
帰りは大渋滞に巻き込まれ、大変でしたが 大満足の一日でした。

| ツーリング | 16:50 | - | - | pookmark |
国道157 越前勝山 越前大野〜岐阜薄墨桜

越前勝山は古い町並みの残る城下町、現在は恐竜の町として有名です。
最初に向かったのは越前大仏、とても立派な大仏殿や五重塔なんですが
あまりの寂しさに中には入りませんでした。
大阪の相互タクシー創業者が建立した物だそうですが、今は寂しい限りです。
実はこの方、越前勝山城という城も建造されてました。
姫路城によく似た立派な城で、中は博物館だそうです。

以前、JR福井駅で行列が出来ていた‘羽二重くるみ’のはや川というお店。
本店が勝山だった事を思い出したので探してみる事に・・・
店はあっさり見つかり、行列も無く、お目当ての‘羽二重くるみ’を買う事が出来ました。
パイ生地のような物で柔らかい生地を挟み、くるみの風味が効いてとても美味しいお菓子です。
勝山ではもう一か所、平泉寺(白山神社)へも行きました。
苔寺として有名らしく、見事な苔と大きな杉が迎えてくれました。

時間も無く、途中までしか行きませんでしたが、
次回は本堂へお参りしたいと思います。

その後、越前大野で美味しい蕎麦を頂き、
国道157号線で岐阜の薄墨桜を目指します。
最初は普通の峠道かと思いきや、三峡ルートというだけあり、ガードレールもカーブミラーも無い道でカーブの連続。
離合などとんでもないような道が延々と続きます。
バイクで良かった、と思う瞬間が沢山あり、凄い道やわ〜と思いながら走っていました。
綺麗な水が湧き出ている所や道から染み出ている所も沢山あり、滝のように流れている所があったので、バイクを降りて行ってみました。
冷たい水は飲めそうなくらい綺麗で、雪解けの頃には、この道はどうなるんやろう?と思うくらい水量が多くてキラキラしていました。
父に話しを聞くと、道に水が溢れ川のようになって、水は山側から崖下へと流れるので、流れを横切る形で走る事になるらしいんですが、まぁお前の腕では無理・・・ましてビックスクーターではすぐに流されて崖の下やと。
その父は昔、地元の人にやめた方が良いと言われたにも関わらず、この道を走り薄墨桜まで行ったそうです。その時、道が川になりずぶ濡れになって走ったけど、とても楽しかったそうです。
そんな国道157を二人で走れるのは、とても嬉しいなと思いつつ、ハンドルはしっかり握り走っていると、野生のサルに2度も遭遇!
親子連れか夫婦か兄弟か・・・仲良く慌てて消えて行きました。

岐阜県側に入ると、ガードレールやカーブミラーはあるのもの、相変わらずの険しさです。
三峡ルートと言われるだけの事はあるなと、関心しながら薄墨桜へ到着したのは夕方16時を過ぎていました。予定では3時頃到着だったんですが・・・
季節外れの薄墨公園には人も少なく、青々とした桜をゆっくり見ることが出来ました。
春は人が多すぎて、ゆっくり花見どころではないので。

薄墨桜は樹齢1500年を超えるエドヒガンの古木で、国の天然記念物に指定されています。
根尾の薄墨桜という名前が私にはピタッとくるんですが、現在は岐阜県本巣市となっています。以前は本巣軍根尾村という名前でした。
本当に楽しい三峡ルートでした、今度はもう少し腕を磨いてチャレンジいたいと思います。
羽二重くるみ 襪呂篝

| ツーリング | 11:04 | - | - | pookmark |
天橋立
久しぶりの日本海、天橋立!
舞鶴自動車道から京都縦貫自動車道で宮津天橋立ICへ。
便利になりましたね、10時30分には智恩寺前に到着です。

「三人寄れば文殊の知恵」でも有名な智恩寺。
文殊とは知恵を司る文殊菩薩のことを意味するそうで、
この寺の本尊像の文殊菩薩様は獅子に乗っってらっしゃるそうです。

ここで面白いと思ったのが、おみくじです。
普通のおみくじもあるんですが、扇子の形のおみくじがあり、
沢山ぶら下げてありました。

お参りを済ませて、回転橋を渡り松並木を散歩。
思っていたよりも観光客が多くてびっくりですが、
日本三景の一つですから当たり前なんでしょうね。

天気がこんなに悪いとは・・・残念

股のぞきで有名な笠松公園へは、ケーブルで上がりますが、そこまで汽船、
高速船、そして松並木を徒歩で・・・といろいろあります。
時間が早かったので、伊根まで走ろうかと思いましたが、
天気がイマイチで・・・
門前の土産物屋さんをうろうろとして、回転橋横の「松吟」さんで美味しい昼食を食べて大満足!
お腹一杯で楽しい気分のまま帰路に就きました。
高速の渋滞もなく、往復気持ちよく走ることが出来ました。
昼食・おやつ編はこちらへどうぞ→おいしい話
| ツーリング | 14:13 | comments(0) | - | pookmark |
三国港と東尋坊
小さな港町三国から東尋坊へ

福井県の小さな港町三国、カニの水揚げで有名な港です。
カニには少し早いけど、東尋坊と合わせて行ってみる事にしました。
途中、丸岡城に立ち寄り、小さな天守閣の滑り落ちそうな急な階段を登り、景色を堪能。本当にちっちゃな可愛いお城でした。
その後、本日の目的地三国を通過し、東尋坊へ。
観光バスも数台、東尋坊へ続く道の両端には土産物屋や海産物の店が並び、とても活気のある楽しい雰囲気。
時刻は午前10時、休憩も兼ね海産物屋で休憩です。
焼きたてのサザエやイカの照り焼きなどなど・・・美味しい休憩となりました。
寄り道も終り、いざ東尋坊へ。高いところが好きな私は、岩場の端まで行き、デジカメを構えますが風がきつくてよろけてばかり。
それでも何枚か撮影!

三国へ戻り、秋祭りと遭遇。なんと神輿に乗せてもらったんです!
本当に貴重な体験。非常に嬉しかった。
さっき食べたばかりですが・・・昼食時間です。
美味しい店には行列ができて、待っているのは耐えられず寿司屋さんを見つけて入りました。
地ネタのにぎりを約10カン程。美味しかったですよ〜。
帰りは越前海岸を敦賀まで、途中秋祭りに何度か遭遇し、綺麗な景色を満喫しながら家路に着きました。大満足のツーリングでした。
| ツーリング | 18:52 | comments(0) | - | pookmark |
涼やかな水音和む 熊川宿
暑い・暑い日曜日。
海水浴へ出かける大渋滞の中を、福井県の小浜へとツーリングしてきました。
小浜の目的は海水浴ではなく、昼食に美味しい地物の魚でも頂きたいと、暑さを耐えて走りました。
湖西道路は大渋滞、バイクで良かったのか悪かったのか・・・
照りつける太陽と、地面からの照り返し、そして渋滞の車の熱風。
途中、熊川宿を横目に一路小浜へ!
到着は予定通り昼時になり、行こうと思っていた店は既に満席。
ということで、チョット贅沢な昼食を(^^)田村長という店へ行きました。
ランチは3千円と4千円の二種類。もちろん4千円のランチを注文。
とても美味しい昼食を頂けて、大満足!!
その後、フィッシャーマンズワーフでチョット買物し、熊川宿へと向かいました。
もう十数年振りの熊川宿。道が舗装され、道の駅も出来ていてチョットびっくり。
ここでの目当ては葛のおやつ。とても美味しい葛餅と葛饅頭を頂きました。

暑い夏に冷たくてあまーいおやつは最高です。
やっと暑さも落ち着き、散歩気分で町をふらふら・・・目面しい物がありました。
芋洗いです。

くるくると水の流れに回っていて、涼しげでした。
甘いおやつと、のんびり涼しげな雰囲気で元気が回復したところで出発です!
暑い中、一緒に走ってくれたお父さんに感謝!感謝!
| ツーリング | 12:49 | comments(0) | - | pookmark |
爽やか!信州ビーナスライン
信州霧ケ峰ビーナスラインへ行って来ました!
早朝出発!名神から中央道へ。
淡々とした走りにちょっと睡魔が・・・という頃に南アルプスの山並が見え始め、テンションは急上昇!諏訪湖へ向けて元気が復活です。
諏訪ICから目指す霧ケ峰高原へ、どんどんカーブの続く山道を登り、緑濃い草原が広がり、リフトが並びどことなく高原の雰囲気。
少し走るとレストハウスのような建物と駐車場が。
ビーナスラインと書いてありました(^O^)/到着です。
家から何時間掛かったか・・・かなりです。
富士見台という展望台から富士山を見る予定でしたが・・・
やはり見えず(−−)しかし、美しい槍ヶ岳や南アルプスの山々を堪能する事が出来ました。
この時期はレンゲツツジというオレンジ色のツツジが咲いている時期で、斜面がオレンジ色で染まっている箇所がいくつもあり、大パノラマの中、高原の緑の中にオレンジ色がとても映え、最高のツーリングとなりました。
一眼レフを連れて行きましたが、昼からの到着で、光も弱く残念ながらシャッターを何度も切る事はありませんでした。
あと1ヶ月程すれば、緑の斜面が黄色に染まり、とても綺麗だそうです。
初夏〜夏にかけてニッコウキスゲが咲き乱れ、沢山の人で賑わうそうで、私もその頃にまた行ってみたいと思いました。
| ツーリング | 13:28 | comments(0) | - | pookmark |
鳳来寺山
初秋の鳳来寺山へ行って参りました。
朝6:30に自宅を出発!予想以上に寒いツーリングのスタートでした。
多賀SAで一休み、その後豊川ICまで一気に走り、鳳来寺山へと向かいました。
前日、ナビで検索したときは4時間30分という事だったのに、到着してみると3時間30分しかかかりませんでした。
やはりバイクは早いな〜と実感。
鳳来寺山パークウェイを走り駐車場へ、本来は表参道から徒歩で2時間程度かけて登るそうですが、とても歩けません。
駐車場から少し歩き、鳳来寺本堂へ。途中の景色は素晴らしく、着てよかったなと思いました。紅葉も始まりつつあり、11月1日からのもみじ祭はとても綺麗だろうなと思いましたが、人もかなり多いでしょうね。

〔駐車場は紅葉が始まっていました〕

その後、岡崎まで国道を利用し、八丁味噌の‘カクキュー’でちょっと休憩。観光バスの多さにビックリ、みんな味噌を沢山買ってました。
味噌ソフトは以外に美味しかった(^^)
豊田JCTから高速に乗り、帰路に着きました。
久々の長距離ツーリングは天気も良く、楽しい一日でした。
| ツーリング | 17:06 | comments(0) | - | pookmark |
郡上八幡〜吉田川で思い出づくり〜
渋滞を避け、名神から北陸道へ。
福井ICで下り、越前大野から九頭竜湖、九頭竜の道の駅で恐竜の親子と対面し、美味しいなめこ蕎麦を食べ、さらに恐竜街道を郡上八幡へと走りました。

郡上八幡の吉田川で出会った小学生の男の子達。
橋の欄干から水面までは12メートル、大人は楽しそうにどんどん飛び込んでいきますが、子供はそう簡単にいきません。
橋の欄干を越え、飛込むタイミングを計るんですがなかなか飛込めません。
そのうちに 一人飛び込み、また一人。
一斉に大きな歓声と拍手が沸き起こり、飛び込んだ子供達はとても嬉しそうな表情をしていました。
欄干を越え、飛び込もうとしている少年が一人。
間近で見ていましたが、怖さがどーしても先に立ち、なかなか決心が付かないようでした。友達は「頑張れ!」と声を掛け、先に飛び降りた子供が下から応援しますがなかなか飛び込む事ができません。
友達だけでなく、見物している観光客も応援しはじめ、橋の上は「頑張れ!」という声で一杯でした。
ここで止められない!という状況の中、男の子は必死で飛込む覚悟を固めていたと思います。周囲の掛け声も何度となく続き、一瞬静かになったその時、その少年は飛込みました。
‘あっ’と思った時にはもう川の中で笑っていました(^^)

きっと家族と来ていたなら、この少年は飛込めなかったと思います。
応援してくれる友達がそこにいたから、勇気が出たんだと思います。
久しぶりに、爽やかな感動をさせてもらって、とても嬉しい気持ちになりました。

| ツーリング | 12:54 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/3PAGES | >>